2月11日(木)〜21日(日)

sezaki


10年前、長崎県の生月の島に住みついた瀬﨑正人氏。

日々刻々と変化する空の色・海の色を感じ、島を吹き渡る
風を臨場感溢れる形で描いてくる。

ここ数年は手漉き和紙にクレヨンの顔料を、
和紙の奥へ奥へと摺り込んでゆくことで、光を含んだ
色彩の世界を描き出している。