■6月22日(火)〜6月27日(日)


futari


同時開催の「ART WAVE 2010 in 福岡」(福岡アジア美術館)
出品中の現代造形作家二人展。

楠本さんはキャンバスにアクリル画で、常に黄色を主体とした
色構成で太陽のエネルギーを表現している。

松屋さんは和紙に油彩画で「壁の記憶」シリーズを展開 ー
壁が記憶する音・光・風・時を表現している。

いわばこの二人展は「天」と「地」の関係表現で
天から降り注ぐ黄色の光 ー その光・音・風を記憶してゆく
壁(大地)の対峙テーマの表現展となる。