ギャラリー画椰

福岡市、油山の麓にあるギャラリー&喫茶『ギャラリー画椰』

三浦吉十

過去の展示(2010.10〜12)

■10月20日(水)〜10月31日(日)
第3回「五つのジェルム」

jelm

<作家>
小川良男・奥田久美子・須崎葉津子・畑俊一・柴尾千恵子



■11月3日(水)〜11月14日(日)
「中村勝人 絵画展」ー世界の秘境を描くー

nakamura



■11月17日(水)〜11月28日(日)
「三浦吉十 絵画展」

miura2



■12月1日(水)〜12月12日(日)
「濱崎節生 陶人形と花器展」

hamasaki







三浦吉十・和子 2人展

■9月22日(水)〜10月3日(日)
27(月)・28(火)休廊


miura


福岡の画壇で「素朴派」、時には「ピカゴ」…ピカソとゴッホ…と称し
ゆったりとしたユニークな作品で多くのファンを魅了してきた三浦氏。
50代で突然ガンと宣告されながら、手術を拒否し、残された
生命をガンと闘いながら制作に打ち込んで、そして逝った三浦吉十氏と、
妻 和子氏の2人展を開催します。

手術をしたら絵が描けなくなる。…生きている間に一枚でも多くの絵を
描きたいと願った彼の作品。
その線は自由に動き出し、その色彩は輝きを増し、彼が求めてきた
理想の世界を実現させて、そして逝った。
故・三浦吉十氏の30数年間の様々な油彩・水彩と吉十氏を描いた
妻 和子氏の水彩スケッチ展。

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ