1月20日(水)〜31日(日)
休廊:25・26日

miura


遠近をなくし、空間と物の厚みを圧縮したような表現。
そこに三浦氏のリアルがあり、ロマンがある。

風景・静物の油彩からは素朴が溢れ出ている。